しびれ

img_033

交通事故による衝撃で、首や胸を痛めた場合、腕や手にしびれを感じる場合があります。
直接、腕や手を痛めた覚えはないのに、なぜ?と思われるかもしれません。

それは、交通事故による衝撃で、首の中心部分を通っている神経根を圧迫したり、血流障害により神経根や胸の上部を通っている腕神経そうを圧迫したりすることで、その神経がつながっている腕や手など、本来関係のないところに症状が出てしまうからです。

つまり、神経が圧迫されたり、神経が強く引き伸ばされたりするような状態になることで、その神経が司っているところに痛みやしびれ、だるさが起こるのです。

その痛みについては、軽いものから、重いものまであります。
患者様によっては、腕を刺すような痛みを感じられる方もいらっしゃいます。
しびれについては、首を後ろにそらすと強まることが多く、うがいをしたり、重いものを持ち上げたりする時に、強く感じる場合が多いようです。

なるべく高いところの物を出したり、高い場所や、高いところにある物を見上げたり、重いものを持ち上げたりなどの行動は、控えていただくのが良いでしょう。 無理にそれらをして、しびれが強くなるような場合は、一定の間、身体を安静にすることを心がけましょう。

交通事故による握力低下について

img_031

交通事故により握力や筋力の低下が起こる場合があります。
長期間、うつむいて作業する仕事をされている場合は、首の根本付近にある腕神経の束(腕神経そう)を痛めている場合、症状が悪化する恐れがありますので、事務作業の多い方はパソコン画面の角度を調節する、常に姿勢を気にして、時々リラックスする時間を設けるなどの工夫が必要です。

腕のしびれが起こる要因として、特に多い症状が、むち打ち症の中の「神経根症型」に当てはまる例です。 神経根症型になる原因としては、交通事故の衝撃で、首が大きく上下左右に振れることがあり、その際に神経根が、骨と骨の間に挟まれるような状態になり圧迫され、起こります。

また、交通事故の衝撃で、椎間板にずれが生じたり、血管が損傷したりすることによって血腫が起きた場合、その近くにある神経根を圧迫してしまうことがあるようです。
その場合にも、神経根症型の症状が起こります。 神経根症型かどうかは、病院やクリニックなどで精密検査を受けて、診断してもらう必要があります。
その際は、必ず診断書を書いてもらうようにしましょう。
このような、腕のしびれに対しては、保存療法が適していると言われています。

保存療法とは、身体を傷つけることなく治療をする方法のことで、自然治癒力を高める、適度な運動やマッサージ、整体師による柔道整復、安静などがあります。
当院では、神経・血管にそってマッサージや鍼治療を行い、血流の促進をうながし、自然治癒力を高め、しびれやだるさの改善をはかっています。

また、ご自宅で可能な簡単なストレッチや、マッサージ方法などのご提案も、同時にさせていただいております。 お気軽に、お尋ねください。