むち打ち

img_033

交通事故による首の痛みは、なぜ起こるのでしょうか。
交通事故で多いのが、車両追突事故です。
車両追突事故の場合で、シートベルトをつけていると、上半身が固定されていますので、事故の衝撃で頭だけが大きく揺さぶられることになります。
エアバッグが作動した場合でも、衝撃を吸収しきれず、首へ大きな負担がかかる場合があります。
頭の重さは、およそ5キロです。
その頭が、日常では起こりえない大きな衝撃によって、前後に激しく揺さぶられます。
それにより、軸点である首部分に、大きな負担がかかってしまうのです。
歩行時の事故、自転車運転時の事故の場合にも、同じような現象が起こります。
では、首の痛みは、どうやって治せばよいのでしょうか?。

交通事故による鞭打ちについて

image2

首の痛みで多いのが、むち打ち症の発症によるものです。
むち打ち症には、首付近の筋肉や靭帯が炎症することによって起こる「頸椎捻挫型」、首中心の神経根や脊髄を圧迫することによって起こる「神経根症型」「脊髄症型」、首側面にある交感神経を圧迫することによって起こる「バレ・リュー症候群型」などがあります。
それらのどの種類に当てはまるかは、病院やクリニックなどで精密検査を受け、調べる必要があります。
むち打ち症の患者様の、およそ7~8割は、頸椎捻挫型のタイプです。
一般的に、首付近の筋肉や靭帯を痛めた場合、事故後3~4週間ほどは安静が必要です。
その後の治療方法としては、温熱療法や牽引療法で改善を目指す方法が一般的ですが、これらによって改善されない場合があります。
それは、事故の衝撃で骨組みが歪み、ずれてしまっている場合です。
身体の軸である骨組みが歪むことによって、筋肉や靭帯、場合によっては神経組織や椎間板などが、損傷や圧迫を受けたまま治らない場合があります。

当院のむちうち治療

img_023

事故後3~4週間経っても、炎症や首の痛みが治らない場合は、当整骨院での治療をお勧めします。
当整骨院では、むち打ち症で多い頸椎捻挫型の患者様へ、骨のずれを矯正していきながら、症状に合わせたマッサージや鍼治療、超音波治療を組み合わせながら、筋肉の炎症をとっていきます。
整骨院で治療を受けるのが、なぜ有効なのか?。
骨のずれを矯正できるのは、整骨院ならではです。
一般的に行われる牽引では、頸椎の間隔を広げることで、首の内部組織の負担や圧迫を解消し、血流を良くすることはできますが、骨組み自体を矯正することはできません。
日常生活で身体を支えている骨組みを正常に戻すことで、以前の健康だった状態の身体を取り戻すことができるのです。
骨組みを安定した状態に戻すことで、それに付随する筋肉や神経組織の負担がなくなり、安定した体の調子を取り戻すことができるのです。
根本から完治を目指したい患者様は、ぜひ身体のプロ、整骨院をご利用ください。