交通事故治療

どれくらいで改善されるの?

交通事故の症状について

まず交通事故の患者さんの症状は多種多様です。
ハンドルやドア、ダッシュボードなどに体をぶつけての打撲などは見た目にもわかりやすく症状もすぐに現れますが、交通事故の衝撃が体に加わり首や腰が振られることで筋肉や神経が損傷し首や腰などの痛みや頭痛、吐き気、倦怠感等々の様々な不調が現れます。

 

治療期間について

一般的に交通事故の治療期間は3ヶ月が目安とされていますが患者さんの症状の度合いによっては3ヶ月以上治療を継続していく事もあります。
もちろん患者さんの痛みや悩みを早く解消できるよう可能な限り早期の治癒を目指して治療をさせていただきますが、そのためにも症状が強いうちはなるべく間隔を空けずに治療を行っていくことをオススメします。

 

治療方法について

患者さんの早期治癒のために当院では国家資格を取得したスタッフが傷ついて動きの悪くなってしまった筋肉などを手技療法でほぐして血流の改善を促すことで人の体が持つ自己治癒力を高めていきます。

また最新の微弱電流治療器(ソーマダイン)や高電圧治療器(ハイボルト)や鍼治療などの治療法も患者さんの症状に合わせて取り入れることでより早期に症状を改善する事が出来ます。

交通事故の症状は早期にしっかりとした治療を行わないと後遺症として残ってしまうケースもあるので少しでも体に違和感を感じた場合はまず当院にお越し下さい。